気になる物件が見つかれば不動産会社に行こう

不動産会社は「委託業務」のプロでもある

物件の売買や賃貸だけが、不動産会社の仕事ではありません。部屋借りの仲介といった委託業務を請け負うことも多く、一人暮らしするために賃貸部屋を探している方にとって、とても心強い味方になります。例えば、気になる物件を見つけても情報が少ないと、借りるのに躊躇してしまいます。日本全国の不動産情報は、国土交通省指定の公益法人が運営するネットワークシステムで共有されており、物件ごとの取引事例や相場といった履歴を確認することが可能です。このネットワークに加入している不動産会社に相談すれば、気になる物件の事例や最新情報を詳しく調査してくれます。 また、物件を借りる際も不動産会社のサポートを受けることが出来ます。仲介依頼料を払って会社と契約することで、物件保有者と借り手の間をとりなしてくれるので、部屋借りの手続きがスムーズになるのです。

大手企業と地方事業者ならどちらがいい?

不動産会社と一口に言っても、その経営規模は大小様々です。都心部に高層ビルを構える大手企業もあれば、地方で細々と経営している地方事業者もいます。不動産という業界の場合は、大手企業が特段優れているという訳ではなく、一概にどちらが良いとは言えません。例えば、都心部で条件の良い部屋を借りたい、物件情報の数を揃えておきたいというのであれば大手企業一択です。しかし、大っぴらに募集されていないような片田舎の小さなアパートが良い、地方でもっと良い物件を探してみたい、という場合は地方のコネやネットワークに強い地方事業者の分野になります。このように、会社ごとで得意とする物件の種類が異なるので、自分の状況に合った不動産会社を選びましょう。