一人住まいの必要な部屋の広さは?

自分にあった物件と巡り会うために

部屋を探すにあたって気になるポイントとして、どういった間取りなのかは欠かせないですよね。一人暮らしが初めての方も、今の賃貸から違う場所を借りたくなった方も、お悩みの方は多いでしょう。単身者用のプランニングは勿論のこと管理会社によって違いますし、デザイナーズ物件や駅チカ物件など、魅力的な賃貸物件がそこかしこにあるといよいよ決められなくなったりもします。

これ!と決まる前に不動産窓口に行くのはちょっと…と思うこともありますし、自身で調べるのにも限界を感じることもあるでしょう。まず闇雲に探す前に、ご自分の譲れないポイントを明確にしてみませんか?この記事では、一人暮らしに必要な広さについて掘り下げていきます。

ゆったりと一人暮らし!押さえておきたいポイント

一人暮らしに合う間取りは家具や荷物によりますが、大体1R~1LDKを選んでみてください。 荷物が少なめで自炊をせず家賃を抑えたいのであれば1Rや1Kがいいでしょう。また築年数を気にせず比較的安めの家賃で少し広い部屋がいい場合や、収入に余裕があり設備重視、荷物が多くもっと広い部屋がいいであれば1LDKがおすすめ。 上記が一人暮らしの部屋におけるポイントとなってきます。1K以降であれば扉もあり女性の一人暮らしにも安心ですし、1LDKになってくるとセキュリティも向上します。また、在宅ワークもしやすい環境を整えやすいので、ご自身のこれからのキャリアに沿って考え賃貸を選ぶのもいいかもしれません。新築の1Kと同程度の価格帯で1DKを借りられることも多いですし、冒頭で触れたデザイナーズ物件等になると価格帯がまた違ってきますので情報集めは必須です。 ご自身のライフワークのためにも質のいい物件探しができるといいですね。